見た目が華やかなだけではなくちゃんとした意味も?

教会での挙式が無事に終わった後で、空に向かって新郎新婦や参列したゲスト達がみんなで風船を飛ばす演出をバルーンリリースと呼びます。カラフルで色とりどりの風船が一斉に飛んでいく姿はとてもきれいですよね。フラワーシャワーやライスシャワーと並んで定番の演出と言えます。新郎新婦たちが思いのままにアイディアを盛り込んで、理想の結婚式をすることから人気が高くなっている人前式でも、結婚の承認用の演出として使われるようになりました。風船がブライダルシーン用の小道具として使われるようになったのにはきちんとした理由があり、永遠の愛を誓い合った二人の愛が天高く届くようにという意味が込められています。海外ではぐんぐん上昇していく風船に、二人の幸せな日々がこれからも続くことを願ってバルーンリリースをすることも。とてもロマンチックで素敵な思いがこもっていることが分かりますね。

会場の都合や環境のことも考えて

風船の形やカラー次第で視覚的な効果も大きく変わるので、一体どんな風船にしたらいいのか選ぶ作業も楽しいですよ。でも、定番で人気の高い演出だからと言って油断はできません。式場の立地条件によっては、バルーンリリースが不可能なところもあるからです。近くに電線などが多い式場や教会の場合は、近隣住民の迷惑になる恐れがあるので避けた方がいいでしょう。それから、屋外限定の演出ゆえに雨が降ると強制的に中止になります。梅雨など雨の多い季節は避けた方がいいですね。環境の為にラテックス製の風船を用意するなどの配慮もしてくださいね。

白金の結婚式場は周囲が閑静な住宅地に囲まれ、上品な式場と庭園で挙式が執り行えます。また高級料理で招待客をもてなすことができます。