自然体を写真を撮るのなら

基本を押さえてしまえば一眼レフカメラ以上の写真を撮れてしまうのがスマホのカメラモードです。これを使いこなせるかどうかで、オシャレなウエディングフォトを撮れるかが決まってくるでしょう。たとえば、ドレス姿で自然に笑っているオシャレフォトを目指したいのであれば、バーストモードもしくはポートレートを活用しましょう。連写機能を使うと自然な笑顔が引き出しやすく、たくさん撮れた中から当たりを選ぶことができますよ。連写ができなくてもポートレート機能が使えるなら二人の表情をグッと引き寄せられるドラマティックな写真が撮れるでしょう。

街中でオシャレに決めるには

都心でオシャレなウエディングフォトを撮りたいなら普段は見過ごしてしまいそうな一見汚いくらいの壁のほうが味のある写真が撮れますよ。グラフィティなど写真に欧文が入るようなレンガ壁などはN.Y風に仕上がるでしょう。時には暗めな雰囲気というのもカッコよく仕上がりますよ。

モノクロでうまく撮る

モノクロ写真は色の情報がなくなるので、ともするとフラットな印象になりがりです。白から黒へのグラデーションが豊かで、明るさの濃淡がなだらか場所を選ぶと奥行きのある魅力的なフォトに仕上げることができますよ。ふんわりレースのカーテン前で撮ったり、ドレスは重なり合ったオーガンジー素材の透け感など立体的なディテールのあるドレスがベストでしょう。

バックシャンのドレスを上手に

顔がよくわからないように撮るとオシャレな雰囲気が出しやすくなりますよ。特にドレスにフォーカスしたいのなら、できるだけ引いて撮ったほうがドラマティックになるでしょう。スマホで撮影しても奥行きが出せるようトンネル状のところで撮影するといいですよ。

鶴岡八幡宮で結婚式を行う場合は当然のことながら神前式で行う事になりますが、ここで挙式する際にはその舞台が「舞殿」や「若宮」となる為、通称として舞殿式や若宮式という独自の名前で呼ばれる場合があります。