大変なことばかりではない

普段、食事や洗濯・掃除など様々な家事分野を奥さんに任せっきりの男性にとって、単身赴任でどこかに行かないといけないと判明した場合、不安に襲われる人が多いと言われます。しかし、慣れてくればそんなに大変な事ばかりではありません。そのため、もし単身赴任が決まって不安な気持ちでいっぱいの人は、単身赴任の良い面も見て、顔を上げて明るく過ごしましょう。

非日常体験を味わえる

既に、元々勤務地付近に家を購入して長い時間が経過していると、新鮮さがどんどんなくなってくるものです。しかし、単身赴任中は週末、周囲に観光に行ったりすると、初めて訪れる場所にて新鮮な非日常体験を思う存分楽しむことが出来ます。旅行というものは時間的・コスト的にそんなに毎週できるものではありませんので、単身赴任中は是非、毎週休みの日に近くの観光地・行楽地に積極的に遊びに行くようなライフスタイルをお勧めします。

好きなものを高い頻度で食べることも可能

家族で住んでいて、料理を奥さんが作っている場合には、好きな食べ物があったとしても、他の家族の好みなどもあるので、頻繁に好物を食べるのはなかなか難しい部分があります。しかし、一人暮らしであれば、毎日の献立を完全に自分でコントロールできますので好きなものを高い頻度で食べるようなことが可能になります(毎日同じものを食べ続けるのは健康的に危険なので控える必要あり)。そして、食べたいものが急に変わった場合は、自分の都合が急に作る料理を変更するようなことも自由です。そういった意味で、単身赴任とは食事面の自由度の高さも魅力の一つです。

家具・家電付きのマンスリーマンションに住めば、単身赴任の家具はまったく買うことなく赴任先ですぐに新生活をスタートすることが出来ます。