幸せの証を身につけて!ブーケ&ブートニアはどうする?

二人に似合うハッピーシンボルを

ドレスやタキシードを選ぶのはなぜでしょうか。それは、ふたりの門出と大切な人たちへの感謝をきちんとした装いで伝えるものだからです。心に描いてきた結婚式の日のおしゃれは、世界でひとつの幸せな証になりますよ。ドレスやタキシードを飾る小物は、自分たちで手作りしたアイテムなども用意して、ゲストの前で確かな未来を約束しましょう。

長持ちするプリザーブドフラワーで

結婚式になくてはならないのが、花嫁のブーケと花婿のブートニアです。二人の気持ちと同じように、まっさらな白花で作っていてもいいでしょう。生花を特別に加工したプリザーブドフラワーなら、挙式からパーティまで長時間、美しい花姿のまま咲いてくれますよ。保水しなくても美しく咲き続け、軽いのも魅力です。式のずっと前から用意できるので、ブーケは自分でという手作り派の人にぴったりでしょう。花材はバラ、アジサイ、シダ、そこに乾いた孔雀の羽根も飛ばして、アンティーク感をもたせてみましょう。ブートニアはその由来にあやかって、花嫁と同じ花で作るのが一般的ですよ。

自分で花を束ねてみる

ブーケを手にするのは人生で一度きりなので、自分で作れたらと考える花嫁は多いでしょう。花茎を束ねてリボンで包むだけのシンプルスタイルならトライしやすいですよ。たとえば、挙式からパーティまで持てる、白バラのブーケは、花にたっぷりの水を吸わせて茎先を切り、花が元気になったらトゲをとって茎を束ねていきましょう。アクセントは大きなリボンで、白いサテン生地を切って、ふたりのイニシャルをポイントにつけてもいいですよ。ブートニアは花部分だけにして、リボンをつけましょう。

結婚式場を神奈川で探す際には、ホームページなどで基本的な情報を把握すると共に、ブライダルフェアなどを通して実際の雰囲気をチェックすることで、より納得のいく式場を見つけられます。